インターネットが遅い時はどうすればいいの?回線に疎い方向けの優しい解説

エココト編集長 2020-8-25

実家を出て一人暮らし、または引越しするタイミングでインターネットが前よりも遅いと感じることがあります。

今回はインターネットが遅い時にどうすれば良いのかお悩みの方で、回線に疎い方向けに、インターネットが遅い原因やその解決方法について優しく解説いたします。

インターネットが遅い原因は大きく分けて3つ

まずはインターネットが遅いと感じる原因について3つの視点から見てみましょう。

1.ルーターやモデム、WiFi機器の種類が古い

IT機器に疎い場合、ルーターやモデムの種類が古いことに気が付きにくいです。もちろん、よほどのことがなければ1Gpbsに対応しているモデムが用意されているとは思いますが、その先の有線LANを分けるためのハブ、またはWiFi機器が古いか、1Gpbsに対応していない場合は回線速度が遅くなります。

2.有線LANが遅い場合はLANケーブルに問題がある場合も

有線LANが遅い場合、LANケーブルを疑ってみるのも大切です。LANケーブルはいくつかの規格があり、1Gbpsに対応するためにはCAT5e以上のケーブルが必要です。CAT5とCAT5eの違いがわからない場合、気が付かないで買ってしまったり、安いから選んだりしてしまうことが考えられます。

3.契約している回線速度がそもそも遅いこともある

そもそもインターネットに疎い場合、固定回線の契約時によくわからないまま安いプランを選んだり、勧められるままに契約たりしてしまうことがあります。すると、そもそもの回線速度が遅いのでルーターやモデム、WiFi機器、またはLANケーブルを新しいものにしても回線速度は遅いままになります。

インターネットが遅い原因を解決する方法

次に前述したインターネットが遅い原因を踏まえた上で解決する方法をご説明します。

1.ルーターやモデム、WiFi機器を新しくする

モデムについてはモデムに記載されている型番を調べた上で、もし1Gpbsに対応していない型であれば、回線業者に連絡して交換できないか問い合わせてみましょう。モデムは機器自体のMACアドレスに対して回線業者が設定を割り振っていることもあるため、勝手に変えないほうが良いです。


同じくWiFi機器、または有線LANのハブについても機種の型番を調べて1Gpbsに対応しているチェックします。WiFi機器や有線LANのハブはご自身で購入して新しくしても大丈夫です。ただし、安いほうが良いからと1Gbpsに対応していない機種を選ぶと回線速度が遅いままなので注意しましょう。

2.有線LANケーブルを新しくする

有線LANケーブルは最低でもCAT5e以上~CAT6Aの間で選ぶようにしましょう。CAT7やCAT8を選ぶ必要はありません。また、もし接続している有線LANケーブルの種類がわからない場合も、購入して新しくするほうが無難であると覚えておきましょう。

回線業者から提供されているものであれば最低でもCAT5e以上だとは思われますが、識別できない場合は変えてしまった方が良いからです。同時に、間違ってもCAT5を購入しないようにしてください。新しくしたつもりが同じだったり、かえって遅くなってしまうことがあるからです。

また、意外と見落としがちなのがモデムからルーター、有線LANのハブ、WiFi機器同士をつなぐLANケーブルです。付属しているLANケーブルなどを利用する場合、LANケーブルがCAT5e以上かどうかも必ずチェックしましょう。

3.回線業者との契約を確認して1Gbps以上に対応しているプランに変更

まずはインターネットの固定回線の契約を確認して、1Gbps以上に対応している契約なのか確認しましょう。月々の料金を安くしたくて遅い回線を選んでいたり、契約時によくわからないまま「そんなにインターネット使わない」と考えたりすることがあるためです。

回線速度については光回線でなくても良い、または遅くても良いと考える方もいらっしゃいますが、WiFi機器などでゲーム機やパソコン、スマートフォンやタブレットをつなげるのであれば大元となる回線が早い方が快適です。

その他にも回線速度が早い方が良い理由として「時間が無駄にならない」ことが挙げられます。ダウンロードやアップロードが遅いということは、結果として情報やデータを得るために待つ時間が必要だからです。例えば動画を見るだけのことでも、回線速度が遅いことで画像が乱れたり、途中で止まったりするので、それだけでもストレスになりますし、時間を無駄にしてしまいます。

まとめ:物理的な機器と回線の契約をチェックすれば問題解決

今回はインターネットが遅い原因やその解決方法についてご説明しました。

インターネットのことがよくわからないという自覚がある場合は、物理的な機器であるモデム・ルーター・WiFi機器、そしてそれらをつなぐLANケーブルをまずはチェックします。もし、問題がなければ回線の契約を調べて、最低でも1Gbps以上の回線を選ぶことをおすすめします。

また、タブレットやスマートフォン、パソコン自体が古い場合もインターネットが遅いと感じることがあります。もちろん、毎年買い換える必要はありませんが、タブレットやスマートフォン、もしくはパソコンを買い換えることも検討してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がインターネットが遅いとお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

           

蓄電池の業者選びが面倒な方へ

簡単10秒で最安の業者を無料で紹介致します。

この記事を書いた人

エココト編集長

よく読まれている記事

関連記事