ガスの開栓はどうすればいい?スムーズに生活を始めるための豆知識

エココト編集長 2020-8-25

はじめての引越しや実家から離れるタイミングで困るのがガスの開栓です。引っ越したはいいけれどガスが使えないとなると非常に困ってしまいますよね。

今回は引越し後、スムーズに生活を始めるためにもガスの開栓に関する豆知識をご紹介します。

まずは引越し先のガス提供会社を調べる

どこに連絡すれば良いのか知るためにも、まずは引越し先のガス提供会社を調べましょう。不動産屋さんを経由しているのであれば、不動産屋さんに聞くと早いかもしれません。

注意点としては都市ガスの範囲内であってもプロパンガスの可能性がある点です。どちらの場合でも「どこに連絡すれば良いのか」を念頭において下調べを進めてください。

前もって手続きすること、必要な書類を揃えておくこと

引越し先のガス提供会社がわかったら、次は早い段階で連絡してどのような手続きがあるのか、どんな書類が必要なのか問い合わせてみましょう。そして、前もって手続きすること、必要な書類を揃えておくことを忘れないようにしてください。

特に引越しするタイミングでは人によって慌ててしまうこともあれば、うっかり忘れたり、知らなかったりして手続きそのものに気付かないこともあります。最低でもガス、電気、水道に関する手続きは自分自身で早めに調べて、スムーズに生活を始められるよう準備しましょう。

例:東京都内で東京ガスが管轄している場合

東京都内に引越しする方で、東京ガスが管轄する供給エリアであれば、まずは東京ガスに確認してみます。引越し先の住所、契約者の名前、電話番号、使用開始時期や開栓作業のための訪問の時期などの情報が必要になります。

また、ガスの開栓は必ずエリア内の業者さんが立ち会うことになりますので、前もってスケジュールを開けておくようにしておくべきです。その他、ガスを安全・安心に扱うための説明などもありますので、時間に余裕を持っておくことも忘れないようにしましょう。

まとめ:前もって調べること、忘れないことが大事

今回は引越し後、スムーズに生活を始めるためにもガスの開栓に関する豆知識をご紹介しました。

家庭や人によっては、実家住まいで引越ししたことがない場合もあるでしょう。また、引越ししたことがあっても自分自身で手続きをしたことがない場合、やはりどうすれば良いのかわからず困るかもしれません。

まずはどこに問い合わせるべきなのか、そして業者の立会いやそのスケジュールがどうなるのか前もって確認しておくことが大切です。引越しするタイミングでわからないまま、知らないままですと、ガスが出ずに嫌な思いをされることがあるかもしれません。スムーズに新しい生活を始めるためにもこうした豆知識を蓄えておくことをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が引越し後のガスの開栓について知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

           

蓄電池の業者選びが面倒な方へ

簡単10秒で最安の業者を無料で紹介致します。

この記事を書いた人

エココト編集長

よく読まれている記事

関連記事