ADSLが廃止になるって本当?ITが苦手な方に知ってもらいたい基礎知識

エココト編集長 2020-8-27

2023年1月31日を目処にNTTのフレッツ・ADSLが廃止になります。しかし、ADSLが何かわからない、光回線に乗り換える必要があるのかなど、ITが苦手な方には悩みの種となるのは必至です。

今回はADSLが廃止になる前に、どのような対処をすべきなのか、ITに関する基礎知識を交えながら簡単にご説明します。

ADSLとは何か

ADSLは回線種別であり、決して回線速度が早いとは言えないインターネット回線です。ADSLはNTTの光回線のエリアにおいて、2023年1月31日を境に順次停止されることが決定しています。

ちなみにADSL回線ですと、昨今のオンラインサービスやアプリ、ソフトウエアでは非常に物足りなく感じます。例えば、動画の閲覧やリアルタイム性が必要なゲームでは、ADSLですと非常に遅く感じます。

参考記事:インターネットが遅い時はどうすればいいの?回線に疎い方向けの優しい解説

光回線とADSLの違い

光回線とADSLの違いはインターネットの回線速度の違いです。ADSLの場合、下りで約50Mbps、上りで約12Mbpsですが、光回線の場合は1Gbpsと圧倒的に早くなります。動画の閲覧やリアルタイム性が必要なゲームにおいても遅延なく快適にインターネットを楽しめる速度と言えるでしょう。

むしろ、現在ですと遅すぎて各種オンラインサービスを利用するのに不向きとも言えます。もちろん、知らないまま、わからないままそのままになっていることもあるかもしれませんが、2023年近くになって慌てないようにするためにも、早い段階で光回線に乗り換えるのがおすすめです。

引越しを考えている場合は光回線に対応しているか調べよう

もし、お引越しをお考えであれば引越し先が光回線に対応しているのか、またはその他のインターネット回線を備えているのかチェックしましょう。現時点でADSL回線のままですと、光回線へ切り替えるための工事や手続きを自分自身で行わなくてはならないためです。

最初から光回線に対応している建物であれば、契約のみでスムーズに開通されますので、圧倒的に手間が省けます。特にIT関連に疎い、苦手な方であれば、引っ越すタイミングだからこそ乗り換えておくことで、将来的な悩みの一つを解決できると言えます。

まとめ:多少コストが増えても光回線へ乗り換えるのがおすすめ

今回はADSLが廃止になる前に、どのような対処をすべきなのか、ITに関する基礎知識を交えながら簡単に説明しました。

正直なところ、光回線の方が月額、年額のコストが増えてしまうことは否めません。それでも光回線に乗り換えたほうが、各種インターネットに接続する機器やデバイスを最大限に活用できますし、回線速度が遅いことによるストレスや時間の無駄も削減できます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がADSLから光回線に乗り換えるべきかお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

           

蓄電池の業者選びが面倒な方へ

簡単10秒で最安の業者を無料で紹介致します。

この記事を書いた人

エココト編集長

よく読まれている記事

関連記事