制度のコト

「太陽光発電の買取終了とは? FIT制度や制度終了後の運用についても解説」という記事中のイメージ画像です

太陽光発電の買取終了とは? FIT制度や制度終了後の運用についても解説

日本には太陽光発電等で発電した電気を電力会社へ決められた金額で売電できるFIT制度があります。しかしFIT制度には同時に、太陽光発電の買取終了に関する取り決めもあるため、購入前に確認しておく必要があります。ここでは、「太陽光発電の買取終了」に関する取り決めや、終了後の運用について解説します。

卒FIT後におすすめの運用方法!蓄電池導入のメリットとデメリット

余剰電力買取制度もしくはFIT制度へ移行した後に太陽光発電を導入した方は、卒FIT後の運用方法に関して悩んでいるかと思います。卒FIT後も売電は可能ですが、自家消費型太陽光発電がおすすめです。ここでは、卒FIT後におすすめの運用方法と蓄電池のメリットとデメリットについて解説します 。

余剰買取制度について書かれた記事中のイメージ画像です。

余剰買取制度とは?FIT制度や全量買取との違いや特徴を解説

太陽光発電を売電するには、国が定めた制度およびルールに沿って手続きを進めなければなりません。太陽光発電の出力10kW未満の場合は余剰買取と呼ばれる形式を採用していますが、余剰買取制度となるとニュアンスや意味が変わります。ここでは、余剰買取制度の概要やFIT制度との違いについて解説します。

           

蓄電池の業者選びが面倒な方へ

簡単10秒で最安の業者を無料で紹介致します。