ネットの速度の目安はどれくらい?快適な回線速度を把握する方法

エココト編集長 2020-8-25

ネットの速度の目安はどれくらいなのか。ITに疎い方の場合は快適な回線速度がわからないまま、なるべく安いプランや料金を選んでしまい、不自由な回線速度を利用しがちです。

今回はネットやITに疎い方向けにインターネットを快適に利用するためのネットの速度の目安についてご説明します。

インターネットの速度を計測してみよう

インターネットやITに疎い方ですと、そもそも自分の利用しているインターネット回線の速度がわからないことがあります。まずはfast.comやspeedtest.netといった無料で回線速度を計測できるサービスを利用してみましょう。

またはGoogle検索で「インターネット速度」と検索すると表示される「インターネット速度テスト」の項目で「速度テストを実行」するのもおすすめです。

インターネットの速度を計測する時に大切なのは所持しているデバイスすべてで計測することです。パソコン、スマートフォン、タブレットなど、ネットに接続するデバイスでブラウザを備えているものはすべてインターネットの速度を計測しておきましょう。

インターネットを利用する目的を把握しよう

家庭内WiFiであれば50Mbps以上であれば充分に早いと言えます。有線LANによる接続であれば200Mbps以上が目安であり、動画の視聴やリアルタイム性を求められるゲームでなければ問題なく利用することができます。

もし、高画質のVOD(ビデオオンデマンド)などの動画を画像が乱れず遅延なしで視聴したい、または高いリアルタイム性を求められるでオンラインゲームを快適に楽しみたいのであれば、1Gpbs以上の光回線を利用するのがおすすめです。

その他、株やFXなどの取引においても何らかの形で高いリアルタイム性が必要な場合は安定してインターネット速度が出る回線を選ぶようにしましょう。

複数の機器を利用する場合について考える

パソコン、タブレット、スマートフォン、各種ゲーム機などなど、家族で複数の機器を利用する場合は利用するデータ通信量が増えることも覚えておきましょう。WiFiの仕組み的には遅延することはありませんが、大元の回線速度が遅ければ遅いほど、各機器の反応が遅くなったり、いわゆる「重く」なったりしたように感じるからです。

関連記事:インターネットが遅い時はどうすればいいの?回線に疎い方向けの優しい解説

必ずしも光回線や1Gbps以上の回線でなければならないということはありませんが、利用する人、利用する機器が多いのであれば、なるべく早い回線を選ぶことをおすすめします。

また、インターネット回線事業者の提示する回線速度は1Gbpsとなっていても、公称値であること、同時に実測値が場所によって異なることもあるため、実際に1Gpbsの速度が出ることは少ないです。1Gpbsであれば200Mbps~500Mbps程度の速度が出れば良い方でしょう。その他、パソコンやスマートフォンのスペックによる違いでインターネット速度が遅くなることもありますので、回線速度だけでなく、利用する機器が古い場合は機器を新しくするのもおすすめです。

まとめ:ネットの利用目的や利用する機器の数を意識しよう

今回はネットやITに疎い方向けにインターネットを快適に利用するためのネットの速度の目安についてご説明しました。

基本的にはデータ容量を必要とするサービスやアプリの利用、またはリアルタイム性を求められるゲームや株、FXなどの取引であれば最低でも1Gbpsの回線契約が必須と言えます。また、それら以外でも利用する家族の人数、利用する機器の数によっては、光回線を利用した方がストレスなく快適にインターネットを楽しむことができます。ただし、早ければ早いほど月々の料金も高くなる可能性がありますので、お財布と相談しながら遅すぎず、高すぎない回線契約を選ぶことをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がネットの速度の目安を知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

           

蓄電池の業者選びが面倒な方へ

簡単10秒で最安の業者を無料で紹介致します。

この記事を書いた人

エココト編集長

よく読まれている記事

関連記事